ビトケン酵素のこだわり

“発酵・成熟期間が重要”

有用性を求める発酵製品の活性ピークは発酵熟成期間約60日
ワインなどのように味を求める発酵製品は長期の発酵熟成によってまろやかで美味しくなります。
しかし、有効成分はどんどん淘汰され有効性は低下します。
そのため、有効性を求める発酵製品は有効成分が最も高い時点で発酵熟成を終了する必要があります。
その有効性が最も高い時点が約60日間なのです。

ビトケン酵素の内容成分の状態

SNSでも情報配信中!!